ホーム > 会社案内 > 沿革

沿 革会社案内

事業所関連

明治35年 1月滋賀県蒲生町において奥村清太郎が鋸切製造所を創設
昭和27年 8月バルブコック専門工場に転換し、その製造販売を広める
昭和37年 6月株式会社奥村製作所に社名変更
昭和44年 6月日野町に本社・工場を完成移転
昭和50年11月機械大型工場を完成
昭和55年 4月バタフライバルブの一貫組立ラインを新設
平成 2年10月オーケーエムバルブ マレーシアを設立
平成 4年 8月新鋭工場完成
平成 5年 4月株式会社オーケーエムに社名変更
平成 9年10月ISO9001認定取得
平成10年 6月本社社屋新築
平成15年 2月中国に蘇州奥村閥門有限公司を設立
平成20年12月マレーシア工場 新社屋へ移転

商品開発

昭和42年 5月ネオピンチバルブを開発
昭和52年 8月515型バタフライバルブを開発
昭和57年 3月ML-515型電子式バタフライコントロールバルブを開発
    10月5400型ハイパフォーマンス・バタフライバルブを開発
昭和59年 9月336D型ナイフゲートバルブを開発
昭和61年 6月空調用電子制御バルブ・バブトロールS1を開発
昭和63年10月空調用電子制御バルブ・バブトロールS2を開発
平成 4年 7月601A型アルミバタフライバルブを開発
615X型汎用バタフライバルブを開発
606F型フランジタイプバタフライバルブを開発
平成 5年 6月ジャンボバタフライバルブを開発
平成 7年 1月336S型ナイフゲートバルブを開発
平成 9年11月6424型ファイアーセーフバタフライバルブを開発
平成10年 8月622H型高圧用バタフライバルブを開発
平成11年 3月607F型フランジタイプバタフライバルブを開発
    10月バブトロールDN型電子式バタフライバルブを開発
平成12年 6月602型アルミダイキャスト製バタフライバルブを開発
336J型マルチシートタイプナイフゲートバルブを開発
平成13年 8月618H型高圧用バタフライを開発
平成14年 4月612X型汎用バタフライバルブを開発
606K型フランジタイプバタフライバルブを開発
603A型アルミダイキャスト製バタフライバルブ(PPSディスク)を開発
5410型ハイパフォーマンス・バタフライバルブを開発
平成16年 4月336J型ナイフゲートバルブをロストワックス製品へリニューアル
平成17年10月ウェハーチェッキバルブ111S・110S・121S・120S型を開発
平成18年 8月紛体用バタフライバルブ603S・612S型を開発
平成20年 4月舶用ハッチロータリースルースバルブを開発
ウェハーチェッキバルブ111S・110Z・121S・120Z型を開発
平成22年 3月618F・622F型高圧用フランジタイプバタフライバルブ開発
平成23年12月635N型フッ素樹脂ライニングバタフライバルブ開発
平成28年 9月バブトロールDN型電子式バタフライバルブをリニューアル
平成29年 4月637N型フッ素樹脂ライニングバタフライバルブを開発