オーケーエム トップ  >  企業情報  >  事業沿革

企業情報

事業沿革

会社沿革

年月出来事
1902年01月滋賀県蒲生町において奥村清太郎が鋸切製造所を創業
1952年08月バルブコック専門工場に転換し、その製造販売を広める
1962年06月バルブ及び鉄工品の製造販売を行う事を目的にして滋賀県蒲生郡蒲生町に当社(株式会社奥村製作所)を設立
1962年08月東京都渋谷区に東京営業所開設
1967年06月大阪市南区に大阪営業所開設
1969年06月滋賀県蒲生郡日野町に本社・工場(現・滋賀日野工場)を完成移転
1975年11月本社・工場に機械大型工場を完成
1980年04月バタフライバルブの一貫組立ラインを新設
1990年10月バルブの製造販売を目的にしてマレーシア国にOKM VALVE(M)SDN BHDを設立
1992年08月本社・工場に新鋭工場完成
1993年04月当社社名を株式会社オーケーエムに変更
1997年10月本社にてISO9001認証取得
1998年06月本社社屋新築
2003年02月バルブの製造を目的にして中国蘇州市に蘇州奥村閥門有限公司(子会社)を設立
2006年08月バルブの中国国内販売を目的にして中国蘇州市に蘇州奥科曼閥門貿易有限公司(子会社)を設立
2008年12月OKM VALVE(M)SDN BHDを新社屋へ移転
2012年03月中国国内弁法が変わり、蘇州奥科曼閥門貿易有限公司(子会社)を閉鎖
製造会社である蘇州奥村閥門で中国国内販売を開始
2017年12月経済産業省より、「地域未来牽引企業」に選定される
2018年08月本社にてISO27001認証取得
2019年03月蘇州奥村閥門有限公司の工場機能移転を目的にして中国常熟市に奥村閥門(江蘇)有限公司を設立
2019年04月滋賀県東近江市に滋賀東近江工場完成

製品沿革

年月出来事
1967年05月ネオピンチバルブを開発
1977年08月515型バタフライバルブを開発
1982年03月ML-515型電子式バタフライコントロールバルブを開発
1982年10月5400型ハイパフォーマンス・バタフライバルブを開発
1984年09月336D型ナイフゲートバルブを開発
1986年06月空調用電子制御バルブ・バブトロールS1を開発
1988年10月空調用電子制御バルブ・バブトロールS2を開発
1992年07月601A型アルミバタフライバルブ、615X型汎用バタフライバルブ、606F型フランジタイプバタフライバルブを開発
1993年06月ジャンボバタフライバルブを開発
1995年01月336S型ナイフゲートバルブを開発
1997年11月6424型ファイアーセーフバタフライバルブを開発
1998年08月622H型高圧用バタフライバルブを開発
1999年03月607F型フランジタイプバタフライバルブを開発
1999年10月バブトロールDN型電子式バタフライバルブを開発
2000年06月602型アルミダイキャスト製バタフライバルブ、336J型マルチシートタイプナイフゲートバルブを開発
2001年08月618H型高圧用バタフライバルブを開発
2002年04月612X型汎用バタフライバルブ、606K型フランジタイプバタフライバルブ、603A型アルミダイキャスト製バタフライバルブ、5410型ハイパフォーマンス・バタフライバルブを開発。
2004年04月336J型ナイフゲートバルブをロストワックス製品へリニューアル
2005年10月ウェハーチェッキバルブ111S、110S、121S、120S型を開発
2006年08月粉体用バタフライバルブ603S・612S型を開発
2008年04月舶用ハッチロータリースルースバルブ、ウェハーチェッキバルブ111S、110Z、121S、120Z型を開発
2010年03月618F・622F型高圧用フランジタイプバタフライバルブ開発
2011年12月635N型フッ素樹脂ライニングバタフライバルブ開発
2016年04月ExVシリーズ排ガス処理装置用バタフライバルブ開発
2016年09月バブトロールDN型電子式バタフライバルブをリニューアル
2017年04月637N型フッ素樹脂ライニングバタフライバルブを開発